「桜祭2016」近況報告→大盛況中

いよいよ桜の北上するタイミングでお申込みラッシュがはじまりました!
貴腐ワインや赤スパークリングワインの定番人気ワインにくわえ、初登場のスーパープレミアム赤ワイン4種もいよいよ週明けから出荷開始、、、
にあわせて先週半ばから予想を上回るペースでご注文が入っております。

さらにこの週末から来週末にかけて第一次ご注文ピークがやってきます。
お花見シーズンということで仲間とワイワイという方から会社に内緒でお花見3連荘という猛者(個人情報保護の観点から匿名とさせていただいております)まで、とにかくまとめ買いのお申込みが非常に多くなっています。

オンラインショップの他、FAXやメール、電話でのご注文も同時に届いているため在庫状況が随時変動致します。
ご注文受付日から2営業日以内(土日祝除く)での全力出荷を行っておりますが、完売次第終了となるワインもございますのでお早目のお申込みをおすすめしております。
(ほんと突然ドカンっ!とお申込みされるお客様もいらっしゃいます)

さてさて西日本や関東南部は4月4日頃から見頃の様ですね。(東京だけはめちゃくちゃ早いですけど、、、)
そしてまもなく北関東以北も開花宣言で日本全国の大宴会がまもなくはじまっちゃうんですね♪

お花見や桜の風情とは程遠く、、、ここ南半球は今日も夏空でございます笑

sakuraforecast1

sakuraforecast2
※ウェザーマップより抜粋

新着スーパープレミアムワイン情報

待ちに待ったスーパープレミアムワインがとうとう入荷、その名も”Summerfield wines”
smbanner_blog

sfwinebottle

最初の一口をテイスティングした瞬間から日本の皆様にこのワインは絶対にお届けしなければ、と心を揺さぶられた衝撃ワインたちがようやく到着。(現在開催中のシークレットセール桜祭でも購入いただけます!)
長年ビジネスとしてもいちファンとしても全豪各地のワイナリーを訪れ、あらゆるオーストラリアワインをテイスティング、販売してきた経験をもってしても、これだけ納得できる品質と味わいを持ったワインにはそうそうめぐり逢えないんです。

そんないちおしワインをご紹介、、、いや!力説させていただきます!
(今回は長いですよぉ&興奮しすぎて画像がでかい、笑)

まず日本語で“サマーフィールド”って読みます。
ワイナリーのある地域をイメージして、壮大な自然豊かな“夏色の草原”、みたいなブランドイメージなんだろうなぁと。
名前の由来をうかがってみたらなんとワインメーカーさんのお名前とのこと。
へ~、そうなんですねー
・・・
・・・
・・・
ってまずそこからカッコ良すぎだろ!
よくある名字のわたくしには輝くばかりの響きでございました。

さてさてここからはまじめなお話。
主観的な感覚だけでなく、客観的にも世界的なワイン評論家ジェームスハリデーや多数の著名人から高い評価と信頼を勝ち得ている一級品です。
例えばこちら、JAMES HALLIDAY WINE COMPANIONという最も権威と信頼があるとされるワイン評価。
↓↓↓
どどーん!
sfreview

何が凄いことかって、何種類かの1種類だけ高スコアのワインを作れるワインメーカーは山ほどありますが、これだけ多くの種類のワイン(ほぼ全部ですね、)が毎年毎年90ポイント以上の評価を受けているということ。中には95ポイント以上の神懸ったスコアも。
これ毎年ですよ?もう入りきらないので全部は載せきれてないらしい。
おかげで今の悩みはこのバナーを毎年作り替えるのにお金が掛かることだとか、笑

どのワインも長期熟成に耐えうるロングセラーワインなんですが、10年なんてあたりまえ。
リザーブシリーズとなるとまさかの20年、30年のポテンシャルというから末恐ろしい。
これだけの長い期間で熟成させることができるということはまず根本にそれだけの葡萄の高い品質が無ければ絶対に無理です。
あの世界最高シラーズ(赤ワイン)の名誉を勝ち取った豪州のレジェンド『GRANGE』並みです。(ちなみに現地価格でも1本$700以上)
それがこの価格というのがまずありえない!
ワインというのは知名度やブランド力ではないということを証明してくれる数少ない本物ですね。

じゃ、飲んで実際おいしいの?、ってなりますよね。
はい、おいしいんです。
いや、もうおいし過ぎるんですくらい言わせてください

葡萄は全て丁寧に手摘みで収穫し、バスケットプレスやオープンファーメンテーションによる伝統製法を用いることで自然な酵母が造り出す優しい味わいを存分に引き出しています。機械による量産製法で造られるワインとは一線を画すその深み、味、余韻の歴然の違いを体感してください。

そしてなんといってもフルボディ感が半端ない!
新品のフレンチオークで最低12か月以上はじっくりと寝かせた芳醇な樽香も素敵ですね~。
この色あい、画像では伝えきれないのが残念ですけど、、、
↓↓
smglass

それでいながらエレンガントで優しい味わい。リラックスした空間でゆったりと楽しむのも最高です。
sfmenue2

いやいや俺はがっつり肉食獣だぜ!というかたもご安心ください。
お肉まるだし系もさいっこうです。

FullSizeRender22XXX

しかもno more hung-over(2日酔いなし!)
このワインを飲む日は悪酔いしないので、安心して好きなだけ飲ませてもらえます。

今かすかな記憶が脳裏をよぎった方、一瞬こころあたりがあった方、
この機会にご購入をおすすめいたします(笑)

※2018年3月更新
≪ただいまVIP会員限定・シークレットセール「新春さくら祭」開催中≫特設会場へ

VIP限定『桜祭2016』シークレットセール

2016年3月、今年初のビッグキャンペーン、その名も『桜祭2016』が開幕!
★3月17日(木)午前10:00~ご注文受付スタート★

今回は全国のお花見シーズンにあわせ4月末までのロング・キャンペーン!
ワイン愛好家、みんなでわいわい飲み会系、まったり家飲み派の方まで幅広いお客様に楽しんでいただけるラインナップをご用意。
恒例の超人気ワイン『最高級デザートワイン・貴腐ワイン』、『赤スパークリング』も爆裂シークレットプライスでご提供です!

VIP会員様限定・シークレットセール『桜祭』会場はこちら(WEB限定ワインあり)

今回の目玉はなんといっても待ちに待ったあの『スーパープレミアムワイン』!
驚きの味わいと心地良さにただただグラスがすすんでしまうことうけあいです。
さすがにあのジェームスハリデー評価5つ星、90点以上のスコアを毎年獲得してしまう超絶クオリティ。
抜栓してすぐでも芳醇な味わいがブっふぁぁぁぁぁと広がります。
ほんとに良いワインはいくら飲んでも2日酔いなし!お花見大連チャンもどーんと来い!(ほどほどで、笑)
いや、このワイン、、、すごいです。
桜と共に最高の美酒をぜひお楽しみください!!

オンラインショップの他、電話、Eメール、FAXからでもお申込みいただけます。
ご注文状況やお住まいの地域によってお届け日数も変わりますので、ゆとりをもってお早目のご注文をおすすめいたします。

それではお待ちしております!

レッドモンスターズ

とうとう待ちに待ったスーパープレミアムワインたちがやって来ますよー!
ハリデーさん★★★★★評価、毎年90ポイント以上を連発している隠れブティックワインです。
セラー10年~30年以上と期待される豪快フルボディ―軍団。

おー!!!!と思いきや、そんな先まで待ってられるかい!
はい、そういうワインはたくさんございます、知っております。
すんごくお値段もするし、今飲むなとかデキャンタしてからとか、、、
んもう、そういう難しいことを考えることもなく、「抜栓してすぐでもすごくうまい」を体感していただけるワインを案内できてしまうこのワクワク感が文字では伝えきれないモヤモヤ感。
言葉の意味はよく分かりませんが、とにかくすごい自信です(笑)

まもなくオーストラリアから日本に出発。
会員の皆さま限定のシークレットセールで登場します!
まだ会員でない方は3月上旬までに新規会員登録を行っていただければシークレットセールに参加いただけますので、今のうちにご登録をお待ちしております。

sfwcs

フード&ワイン エクスポ2016

ゴールドコーストで開催されたFood&Wine Expoを見に行ってきました。
今年はメルボルンから知人のワイナリーが出店しているから遊びに来ないかとお誘いがあり、急きょ出動。
どういうわけかこういう連絡があるときに限って、奇跡的に予定が詰まっていて忙しい(笑)

IMG_3880

IMG_3876

早速入口で連絡すると入場チケットを持ってお出迎え。
毎回ワイナリーに行くときは送迎だったり宿泊だったりと色々と気に掛けてくれるほんと良い人たち。

IMG_3891
ワイン業界で長年世界を飛び回っているナイスガイのSimon

IMG_3890-111
ベテランのセラードアマネージャーRexはおばちゃまたちに大人気

次から次へとテイスティングのお客さんがブースに集まり、全然ゆっくり話もできなそうなのでひとまず会場をぐるっと一回りしながら色々な地域のワインをまぁ、だいたい制覇。
好きか嫌いか関係なく、こういうところに参加したらとりあえず全部飲む!という研究熱心な仕事ぶりに我ながら感心です(笑)

ブースに戻ってもまだ忙しそうなお二人。
どうやら今日はゴールドコーストにもう一泊するというのでディナーを一緒にすることに。
残念ながらB.Y.O(自分でお店にお酒を持ち込むこと)が出来ないお店だったんですが、Simonが超ナイスな白ワインをチョイス。
とあるオーストラリアの有名ワインなんですが、うたい文句通りの最高のオーストラリアワインのひとつでした。
聞くところによれば造り手さんはSimonのお友達だとか、、、まさか“あの方”(ワイン業界では超有名人)と知り合いとは、、、恐れ入りましたm(_ _)m
さすがワールドチャンピオンの名誉を勝ち取ったオーストラリアワイン最高品質のシャンパンメーカーの面子。
ん〜ただのおじさんたちではなかったのです(笑)

おかげさまで帰りの道中はれれれのおじさん。

Thanks a lot, Simon & Rex!